> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
<マルチ商法>「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
 インターネット上の仮想空間をめぐるマルチ商法(連鎖販売取引)で、虚偽の説明をして会員を募った疑いがあるとして、埼玉県警は27日、IT会社「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)と、関係先として仮想空間のシステム開発を持ち掛けた「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)など16カ所を特定商取引法違反(不実告知)容疑で家宅捜索した。会員勧誘の実態や、約2万8000人から集めたとされる約100億円の流れを解明する。

 捜査関係者や会員によると、ビズ社らは07年6月〜09年11月、ネット上の仮想空間「エクシングワールド」に都市を構築し、会員は「アバター」と呼ばれる分身となってネット上の土地の売買などができるとのふれこみで募集。説明会では「一般公開前に先住民(会員)になれば、土地取引や広告収入で必ずもうかる」などとうそを言って勧誘し、販促キットと呼ばれるDVDや架空の土地を購入させたという。

 計画では「エクシングワールド」は東京の渋谷区、品川区、大阪市など全国の主要都市の街並みをパソコンの画面上に三次元映像で再現。アバターが所有地やビルを売却したり、広告収入で通貨を増やせば、実際の「円」に換金できると宣伝していた。ところが、09年10月に公開された仮想空間は未完成で、東京・銀座や大阪・ミナミなどごく一部の都市のオープンにとどまった。さらに宣伝文句だった「ネット上の土地取引」の機能もなく、会員はアバターで限られた地域を歩くだけだった。

 ビズ社は05年12月設立。ビズ社の説明によると、フレパー社から仮想空間の計画を持ち掛けられ、07年6月に会員の募集を開始。同年7月に設立された別のIT業者(東京都港区)と開発の委託契約を結んだが、この業者はフレパー社の元社員が代表を務めている。【町田結子、飼手勇介、平川昌範】

【関連ニュース】
マルチ商法:「仮想空間」IT会社を家宅捜索へ 埼玉県警
マルチ商法:仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」
中国:男が刃物で園児ら襲い31人負傷 4人死亡か 江蘇
特定商取引法違反:「仮想空間マルチ」家宅捜索 きょう数十カ所、容疑で−−埼玉県警
中国:幼稚園に刃物の男、園児4人殺害の情報 31人負傷

平城宮東院庭園、特別名勝指定を答申…文化審(読売新聞)
雑記帳 トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
一部ユニット型特養の柔軟な整備を―9都県市が国に要望(医療介護CBニュース)
口蹄疫ワクチン接種 農水相発言、遅れの一因 「補償額」に地元不信感(産経新聞)
[PR]
by oe86f2fpha | 2010-05-27 21:38
<B型肝炎訴訟>救済範囲、合意遠く 協議の長期化必至 (毎日新聞)
 集団予防接種での注射器の使い回しが原因でB型肝炎に感染したとして、患者らが国に賠償を求めた訴訟で、国は札幌地裁で14日、和解勧告受け入れを表明した。原告側は「原告が次々と亡くなっている」と早期解決を求めるが、国側は救済範囲など具体的な条件を示さなかった。厚生労働省の幹部は「まだ出発点。補償金額や除斥期間など協議すべき点は多い」と語り、協議は長期化する様相だ。

 予防接種によるB型肝炎ウイルスへの感染を巡っては、最高裁が06年、北海道内の5人が起こした訴訟で国の責任を認めた。5人は母子手帳で予防接種の記録が残り、出産時の母子感染も血液検査で否定された。予防接種で感染した直接証拠はなかったが、「予防接種との因果関係を認めるのが相当」とした。

 一方、札幌など全国10地裁で係争中の原告は、母子手帳がなく予防接種の記録がない人が6割に上る。母親が死亡し、血液検査で母子感染を否定できない人も2割いる。

 原告弁護団は▽予防接種を受けていない国民はほぼゼロで、証明は不要▽母親が死亡した人も生存時の記録やきょうだいの血液検査で母子感染を否定できる−−と主張する。だが、別の厚労省幹部は「最高裁認定と同じ条件の人以外は、個別の判断が必要」と話し、主張は平行線のままだ。

 財源も問題となる。最高裁判決の賠償額は1人当たり550万円。原告は和解にあたり、薬害C型肝炎訴訟と同水準(4000万〜1200万円)の補償を求めている。

 B型肝炎感染者は国の推計で最大140万人。救済範囲次第では補償額が兆単位になる可能性もある。

 賠償請求権がなくなる除斥期間(20年)の起算点でも見解が分かれる。最高裁判決は、国が主張する「予防接種時」ではなく「発症時」と判断し、原告の救済につなげた。ただし、未発症者の起算点は判断を示さなかった。今回の訴訟で国は未発症者の起算点を「予防接種時」と主張、原告は「感染を知った時」と反論している。

 国側は14日、7月上旬までは具体案を示せないとした。鳩山由紀夫首相は記者団に「国民の理解をいただくには、それなりの時間がかかる」と説明。長妻昭厚労相は7月というタイミングについて、「(参院選とは)全く関係ない」と強調したが、弁護団は「具体的な協議は参院選のあとと考えているなら言語道断」と反発している。【佐々木洋、久野華代】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:長妻厚労相、来週にも原告と面会意向固める
B型肝炎訴訟:救済へ、やっと一歩 和解協議入り
B型肝炎訴訟:国側、初の和解勧告受け入れ 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」

<小沢幹事長>「『犯罪ない』結論出た」 会見で強気発言(毎日新聞)
女児の裸を団地でカメラ撮影、容疑の男逮捕(産経新聞)
失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)
[PR]
by oe86f2fpha | 2010-05-19 01:51
<鈴鹿2億円強奪>2被告に懲役25年、20年を求刑(毎日新聞)
 三重県鈴鹿市で09年3月、現金輸送車が襲われ、現金約2億円が奪われた事件で、強盗罪などに問われた住所不定、元暴力団員、鳥山征児(37)と同、無職、井上昭生(37)の両被告の論告求刑公判が7日、津地裁(鵜飼祐充裁判長)であり、検察側は鳥山被告に懲役25年、井上被告に懲役20年を求刑した。判決は6月9日。

 検察側は論告で「経済的困窮から脱するため一獲千金を狙った身勝手な犯行。周到に準備をするなど計画的で財産的な損害も極めて多額」と指摘。一方、弁護側は「警備員の命を侵害する意思はなかったのに求刑は重すぎる。公平な判断を求めたい」などと述べた。

 起訴状によると、両被告は09年3月18日午前7時ごろ、JA鈴鹿の通用口付近で、現金輸送中の警備員らに拳銃のようなものを突きつけ、現金計2億1000万円入りのかばん2個を奪ったとされる。【大野友嘉子】

鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)
<両さん像損壊>容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署(毎日新聞)
偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
[PR]
by oe86f2fpha | 2010-05-11 22:47